マンションでトイレリフォーム!費用相場・リフォーム例・おすすめトイレまとめ

そもそもマンションのトイレをリフォームしても良いのか?と思われる方もいますが、もちろんOKです。

ただし、勝手に行ってしまうと、トラブルの原因になってしまうので必ず、管理組合へリフォームを行う旨の連絡をしておきましょう。

また、トイレ内のリフォームに限らず、マンション室内全体のリフォームももちろん可能です。

中古マンションを購入された方であれば、内装工事を一括してリフォームしても良いでしょう。

ただ、大規模な工事を行う際には、各業者によって費用が数万円~数十万円程度、差が出る可能性があります。

ですから、リフォームを検討している方は、一括見積りをおすすめします。

【管理人おすすめ】トイレリフォームの見積もりはここから!

ずばり!リフォーム費用を抑える一番のコツは業者選びなんです!

リショップナビなら簡単入力で、業者ごとの費用見積もりを一括で比較できます。

「費用はどのぐらい掛かるの?」という人も専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できるので心配なし!

 リショップナビ公式サイトはこちら

今回は、マンション内のトイレリフォームにかかる費用相場から、注意点、マンションにおすすめのトイレについて詳しく紹介します。

トイレリフォームをマンションでするときの費用相場

マンションでトイレリフォームを行う費用相場は、基本的に戸建て住宅と変わりはありません。

便器の交換のみであれば、トイレ本体価格+1万円~3万円程度です。もちろん、タイプが異なる便器へ交換する際は、相場以上の費用がかかります。

また、便器の交換と同時に内装工事を行う際には、更に高額な費用がかかります。まずは、それぞれのリフォームの費用相場について紹介します。

①便座のみの交換(同タイプ)

「タンク式トイレからタンク式トイレ」「タンクレストイレからタンクレストイレ」などのように、同タイプへの便器の交換であれば、1万円程度から3万円程度が相場です。

交換費用の他に、便器本体価格が発生しますから、便器本体価格+1~3万円の費用がかかると考えておきましょう。

また、同タイプへの便器でも、中には給排水管工事を行わなければいけないケースもあります。

給排水管工事を行う際には、もちろん費用も高額になりますから、そういったことにも注意して便器を選びましょう。

②便器のみの交換(タイプ別)

「タンク式トイレからタンクレストイレ」「和式トイレから洋式トイレ」のように、タイプが異なる便器への交換費用は、同タイプと比較しても高額です。

和式から洋式トイレへの交換費用相場は、15万円~30万円程度。汲み取り式トイレから排水型トイレへの交換費用相場は、おおよそ80万円程度です。

タンク式トイレからタンクレストイレなどのようなトイレへの交換費用は、10万円前後の交換費用がかかります。

③便器と床・壁のリフォーム

便器の交換と同時に床や壁のリフォームを行おうと考える方もいるかと思います。

一般的な壁紙の交換費用は、2,000円/1㎡~3,000/1㎡程度です。

床材の交換にかかる費用は、下表の通りです。

床材 料金/㎡
タイル 4,500円~5,000円/㎡(工賃込み)
フロアタイル 4,000円程度/㎡(工賃込み)
クッションフロア 2,000円~3,000円/㎡(工賃込み)
大理石 18,000円~20,000円/㎡(工賃込み)
フローリング 9,000円~10,000円/㎡(工賃込み)

機能性を重視して掃除のしやすい壁紙・床材を選ぶのか。雰囲気を重視してデザイン性を優先するのかによっても費用は異なります。

自分の目的にあったリフォームを行いましょう。

④便器・床・壁・収納・手洗い場のリフォーム

将来に向かってリフォームを行う予定があるのであれば、便器の交換等とともに一括リフォームを行った方が費用を抑えられます。

便器・床・壁・収納・手洗い場のすべてのリフォームを行う際の費用相場は、20万円~60万円程度です。

もしもトイレのリフォームが大規模であれば、1日では終了しない可能性もあります。そうなれば、仮設トイレの設置をしなければいけません。

ですから、便器本体価格+20万円~60万円+仮設トイレ設置費用を予算として見ておいたほうが良いでしょう。

その他のリフォーム費用

トイレの全体リフォームの他にもコンセントの増設や手すりの設置など、細かい部分で費用が発生します。

代表的な設備の相場費用は、下表の通りです。

設置物 費用
コンセントの増設 25,000円~35,000円
手すりの設置 15,000円~30,000円
タオル掛の設置 1万円程度
(自分で取り付けが可能なタオル掛は、数百円程度から販売されています。)
壁面収納の設置 5万円~10万円
トイレドアの設置 4万円~15万円
窓の設置 10万円~20万円

マンションでのトイレリフォームは、リフォームを行う規模に応じて、100万円を超えるケースもあります。

費用が高額になればなるほど、業者によって数万円程度の差額が発生します。そのため、複数の業者に見積もりを依頼したほうが良いでしょう。

トイレリフォーム一括見積もりならリショップナビ

リショップナビは、トイレリフォームだけではなく、ご自宅のあらゆる場所のリフォーム業者を見つける事ができます。あなた専門のコンシェルジュ連絡ができるので、あなたにぽピッタリの業者を相談しながら見つけることができます。

またリショップナビには【安心リフォーム保証制度】が用意されているので、万が一工事ミスが発生しても引き渡し1年以内であれば損害を保証してくれるので安心です。
公式サイトはこちら

トイレリフォームをマンションでするときの注意点

マンションでトイレリフォームを行う際には、管理組合に許可を取らなければいけませんし、排水の確認も怠ってはいけません。

マンションでトイレリフォームを検討している方は、しっかりと注意点も把握しておきましょう。

許可のとり方

マンションでリフォームを行う際には、工事を行おうとする1ヶ月以上前に、管理組合へ連絡をしなければいけません

ただし、各マンションごとに申請時期や必要書類が異なる可能性があります。まずは、余裕を持って管理組合へ連絡をしてみましょう。

なお、トラブル防止のためにも、工事が決まってから近隣住民へリフォームを行う旨を伝えておいたほうが良いです。

壁排水または床排水を確認

トイレの排水には、そもそも壁排水と床排水の2種類があります。一般的なマンションは、
床排水ですが、一部のマンションでは壁排水を採用しています。

床排水方式 壁排水方式
床排水

床排水の場合は便器の真下に配管があり、目では確認ができません。
戸建や新しいマンションに多いタイプです。

壁排水

壁に接続されている配管をとおり水が流れる仕組みです。便器の裏側に配管が見えるようになっています。築年数の古いマンションに多いタイプです。

床排水であれば、目視で確認できませんが、壁排水であれば目視での確認が可能です。もしも壁排水でも見えにくい場所にあれば、便器の品番を確認してもわかります。

便器の品番の確認すら難しければ、管理組合へ設計図の確認など求めても良いです。

なお、これらの確認を怠り、誤った便器を購入してしまえば、配管工事などの余計な工事が必要になります。

便器の交換は、手洗い場などと異なり、後付排水を設置することはできません。間違いのないように、必ず確認を行いましょう。

狭いトイレは便器のサイズ(寸法)に注意

一般的なトイレ内の広さは、0.4坪もしくは0.5坪、0.75坪です。そして、一般的な分譲マンションは、0.4坪(780mm✕1235mm)であることが多く、決して広いわけではありません。

ですから、新しく便器を交換する際には、室内スペースと便器の大きさを考慮して便器を選ばなければいけません。

0.4坪に設置可能なトイレで、人が快適に過ごすことができるトイレ寸法は、横幅400mm~480mm、奥行きは700mm~750mmとされています。

0.4坪の室内スペースと快適に過ごせる便器寸法

トイレ室内(横幅) 780mm
トイレ室内(縦幅) 1230mm
便器寸法(横幅) 400mm~480mm
便器寸法(縦幅) 700mm~750mm
便器設置後の空きスペース(横幅) 300mm~380mm
便器設置後の空きスペース(奥行き) 480mm~530mm

便器を設置した後に、人が快適に過ごすために必要な寸法は、500mm前後です。

ウォシュレット機能などがついている便器であれば、横幅を使用します。

ですから、ウォシュレット付きトイレを利用される方は、壁付リモコン型のほうが良いです。

タンクレスなら水圧に注意

便器の交換を行う際に、タンクレストイレへ交換しようと考えている方は、水圧にも要注意です。

タンクレストイレは、トイレ室内に来ている水道の水圧で洗浄するため、洗浄力が足りない恐れがあります。

特に、住宅のシャワーの出が悪い、配管が劣化している(築年数が20年以上など)などの住宅は、注意が必要です。

マンションのトイレは壁紙で広く見せる

先ほど紹介したように、マンションにおけるトイレ室内の広さは、0.4坪がほとんどです。

そのため、コンパクトなトイレを設置したとしても、狭い印象を受けることもあるかもしれません。

ただ、トイレ室内の広さは、壁紙の色を白で統一したり、鏡を設置したりすることで広い印象を持たせることが可能です。

マンションのトイレリフォームにおすすめのトイレと価格

マンションのトイレリフォームにおすすめのトイレについて、TOTOやLIXILなどの有名メーカーからいくつか紹介します。

TOTOのおすすめトイレ

TOTOが販売する便器の中でも、マンション内の設置に優れている便器は、「ピュアレストシリーズ」「レストパルシリーズ」です。

「トイレはどれも同じ。」と考えている方も中にはいるかもしれませんが、機能性やサイズが全く異なります。それぞれの特徴について把握した上で、便器を選びましょう。

ピュアレストシリーズ

価格 54,000円~
寸法 418mm✕771mm
タイプ タンク式
排水 床排水

TOTOが販売するピュアレストシリーズは、コンパクトなデザインで掃除がしやすく、マンションなどの狭い室内にも設置が可能なトイレです。

先程、0.4坪のトイレ室内であれば、横幅が400mm~480mm、奥行きが700~750mmがり動的であると紹介しました。

奥行きは、21mm程度大きいですが、許容範囲内と考えても良いでしょう。そして、ピュアレストトイレは、タンク式なので水圧の心配も必要ありません。

レストパルシリーズ

価格 277,600円~
寸法 750mm✕1115mm
タイプ システムトイレ
排水 床排水・壁排水

収納一体型システムトイレ「レストパルシリーズ」は、収納や手洗い場をトイレ室内に設置できるため、空いた空間を有効活用できます。

ただ、収納スペースなどが付くため、横幅・奥行きともに、とても大きいです。0.4坪のトイレへの設置は難しいかもしれません。

LIXILのおすすめトイレ

LIXILが販売する代表的なトイレ「SATISシリーズ」は、とてもコンパクトなトイレであり、トイレ室内が狭いマンションへの設置も可能です。

SATISの特徴などについてみていきましょう。

サティスシリーズ

価格 254,000円~
寸法 415mm✕650mm
タイプ タンクレス
排水 床排水

LIXILが販売する「SATISシリーズ」は、そのコンパクトさがとても魅力的です。トイレの大きさも、415mm✕650mmとてもコンパクトですから、狭いトイレ内への設置も可能です。

また、SATIS専用の手洗器を設置することも可能です。タンク式からタンクレストイレへ交換し、手洗い場がなくなってしまった。という方は、SATIS専用のコンパクトレア来季を設置しても良いでしょう。

→その他おすすめのトイレやリフォーム業者については【トイレリフォーム おすすめ】

マンションのトイレリフォームの例【画像付き】

CWで募集をかける??
・リフォーム後のトイレの写真
・トイレの製品名
・あればリフォーム前の写真

→【トイレリフォーム DIY】内部リンク

マンションのトイレリフォーム Q&A

マンション内には、たくさんの住人がいます。そのため、マンション内だからこその疑問も出てきます。

そこで、マンション内だからこその疑問や質問をいくつか紹介します。

Q.マンションでトイレを増設できますか?

マンション内でのトイレの増設は、とても難しいです。これは、マンション内の排水管工事など大規模工事になる恐れがあるからです。

ただし、絶対にできないわけではありません。図面を見れば、設置可能な場所があるかもしれませんから、まずは管理組合から図面を入手しましょう。

その上で、リフォーム業者などに相談してみると良いです。

Q.マンションの和式トイレがとても狭いのですが、洋式便器に交換できますか?

マンションの和式トイレ内が狭くても、TOTOが販売する和式改修用便器であれば、洋式便器への交換が可能です。

このように斜めに設置することで、洋式便所への交換を可能としました。

和式便所から洋式便所への交換を検討されている方は、TOTOの和式改修用トイレを検討してみてはどうでしょうか。

Q.トイレの配管をリフォームすることはできますか?

分譲マンションであれば、共有部分を通る配管工事を個人で行うことはできません。そのため、共有配管工事を不要とする便器を購入しなければいけません。

なお、共有部分で無く、個人の部分であっても、リフォームを行う際には、トラブル防止のために管理組合へ知らせておきましょう。

マンションでのトイレリフォームのまとめ

今回、マンション内のトイレリフォームについて紹介しました。マンションは、戸建て住宅と違い、周囲への配慮や管理組合への確認など注意点が多くありました。

ですが、マンション内のトイレリフォームは可能ですから、今回紹介した費用相場などを参考にリフォームを検討してみてはどうでしょうか。

また、便器の購入は、家電量販店などでも行っています。家電量販店などで購入した便器は、購入先で交換してもらうことで、費用を抑えられます。

もしも便器の交換と同時に、トイレ室内のリフォームも同時に行うのであれば、リフォーム業者に依頼しなければいけません。

リフォーム業者に依頼する際には、複数の業者に見積もりを出してもらうことで数万円程度の差額が出ます。

リフォームを検討している方はまず、一括見積りをしてみてはどうでしょうか。

トイレリフォーム一括見積もりならリショップナビ

リショップナビは、トイレリフォームだけではなく、ご自宅のあらゆる場所のリフォーム業者を見つける事ができます。あなた専門のコンシェルジュ連絡ができるので、あなたにぽピッタリの業者を相談しながら見つけることができます。

またリショップナビには【安心リフォーム保証制度】が用意されているので、万が一工事ミスが発生しても引き渡し1年以内であれば損害を保証してくれるので安心です。
公式サイトはこちら

シェアする

コメントの入力は終了しました。